一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

イギリス、「持続可能な発展の主流化」への政府の進捗を報告

エコビジネス 環境報告書】 【掲載日】2013.05.31 【情報源】イギリス/2013.05.17 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)は、政府を代表して2013年の「持続可能な発展の主流化」報告書を公表し、持続可能な発展を政府政策の主流に組み込むために実施している政府取組の進捗状況を報告した。本報告書は、持続可能な発展に関する適切な政策を実施し、将来的には他の分野でも同様にするためには、政策決定において経済、環境及び社会的要因の考慮が必要であるとしている。政府の持続可能性に関心を持つ人々だけでなく、幅広い観点で有用だという。また報告書は、これまでの政府の進捗を国民が精査しやすくすることも目的としている。
 イギリス政府は、2011年2月、政府の購入する物品・サービスや政策を含め、政府の建物や土地の運営に関連して「持続可能な発展の主流化」に関する構想を表明し、取り組んできた。政府は、今後も継続して、政策及び運営に「持続可能な発展」の視点を全面的に組み込み、この分野においてさらなる向上が可能となるよう確固たる基盤を整備していくとしている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース