一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 連邦環境省とドイツ産業連盟が共同でグリーンエコノミーに関するパンフレット作成

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2013.07.30 【情報源】ドイツ/2013.07.15 発表

 ドイツ連邦環境省は、ドイツ産業連盟と共同で作成したパンフレット「グリーンエコノミーの実践:ドイツ企業の成功事例」を公表した。これは、昨年、締結された連邦環境省とドイツ産業連盟のグリーンエコノミーに関する覚書に基づき作成されたもの。覚書は、経済を、低炭素、資源効率、そして自然に配慮したものに移行させる協働イニシアティブであり、パンフレットでは、他の企業の模範となるべき経済のグリーン化の事例が紹介されている。持続可能な経済は、ドイツ企業にとってチャンスである。ドイツ企業は、10年前と同じ生産高を持つにも関わらず、当時と比較し、資源とエネルギーの消費量は非常に低く、有害物質の排出量も大幅に少ない。ドイツにおける環境・効率技術部門が国内総生産に占める割合は11%弱であり、この割合は、2025年までに大幅に上昇すると考えられている。国際社会においても、「グリーン技術はメイドインジャーマニー」が浸透しており、世界市場におけるドイツ製品の割合は既に15%を占めている。2011年は、この分野の世界市場の規模は20億4400万ユーロであったが、2025年には、44億ユーロに達すると言われている。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース