一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

廃棄物焼却施設(一般廃棄物焼却施設と産業廃棄物焼却施設)における排ガス中のダイオキシン類濃度の測定結果等 公表

ごみ・リサイクル ごみ処理】 【掲載日】2014.03.20 【情報源】環境省/2014.03.20 発表

 環境省は、平成24年4月1日から平成25年3月31日までの1年間の全国の廃棄物焼却施設における排ガス中のダイオキシン類濃度の測定結果等について調査し、その結果を取りまとめ公表した。
 全国の廃棄物焼却施設から排出されたダイオキシン類総量の推計は、約57g-TEQ/年であり、その内訳は、一般廃棄物焼却施設からのものが約31g-TEQ/年(前年比約1g-TEQ/年 減少)、産業廃棄物焼却施設からのものが約26 g-TEQ/年(前年比約1g-TEQ/年 減少)だった。
 これは、昨年の排出量約57g-TEQ/年から約3%の削減であり、ダイオキシン類対策特別措置法に基づく「我が国における事業活動に伴い排出されるダイオキシン類の量を削減するための計画」(平成24年8月変更)では、当面の間、廃棄物焼却施設からの排ガス中のダイオキシン類排出量を、一般廃棄物においては33g-TEQ/年、産業廃棄物においては35g-TEQ/年を目標としており、平成24年度の実績では目標を達成していることとなる。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ