一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

JFEエンジ、都市環境プラント向けの遠隔操作による最適操業支援サービスを開始

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2014.09.16 【情報源】企業/2014.09.10 発表

 JFEエンジニアリングは、自社が建設・運転している都市環境プラント向けの遠隔操作による最適操業支援サービスを始めた。各プラントの運転、発電状況を24時間体制で集中管理する。横浜本社(横浜市)に「リモートサービスセンター」を新設し、現地の制御室と同様の機能を実現した新システム「JFEハイパーリモート」を導入した。
 JFEエンジはこれまで、横浜本社から全国の都市環境プラントに対し、定期監視や緊急時のリモート接続で、メンテナンス指示などを行ってきた。しかし、財政難を背景にプラント運営の民間への長期一括委託が広がり、経費削減のための管理費削減と売電量を増やすことが急務になっている。このことから操業支援と売電制御の新ステムが必要と判断した。
 JFEハイパーリモートは、24時間の常時遠隔監視での安定操業と、リアルタイムの映像・コミュニケーション・操作でのトラブル回避ならびに迅速な対応ができる。併せて、電力会社や電力小売り事業者(PPS)との連携で、売電量を最適化する。トラブル数を半減し、操業改善支援時間を削減するとともに、売電量で計画とのずれを抑えて3%の向上を目指す。
 JFEエンジは現在、全国10数カ所の都市環境プラントを長期一括委託方式で運営している。既に新田清掃センター(新潟市西区)とクリーンプラザふじみ(東京都調布市)で遠隔支援サービスを始め、順次広げる。今後は自社運営のバイオマス発電所や下水処理場、太陽光発電所とのネットワーク化を進め、操業・保守と電力供給の管理を強化する。【JFEエンジニアリング(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク