一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 研究議題「グリーンエコノミー」を公表

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2014.12.01 【情報源】ドイツ/2014.11.18 発表

 ドイツ連邦環境省は、ドイツ連邦教育研究省と共同で、研究議題「グリーンエコノミー」を公表した。研究議題には、「生産と資源」、「持続可能性とファイナンスサービス」、「持続可能な消費」、「持続可能なエネルギー供給とエネルギー利用」、「労働と資格」の5部門が重点として設定されている。連邦教育研究省は、この研究議題に対し、2018年までに総額で3億5000万ユーロを拠出するとしている。ドイツ企業は、環境技術分野で世界市場の14%を占めており、業界年次成長率は、今後数年間で6%になることが見込まれている。既にドイツ国内で200万人の人々が従事しており、特に、再生可能エネルギー、環境技術の輸出増加、そして環境に配慮したサービスがこの成長を後押ししている。研究議題は、政治、経済、研究、労働組合、各種連盟の代表者が参加し、2年間かけて実施したプロセスの成果であり、研究議題には、新種のプラスチックの基盤としてのバイオマス利用からエネルギー供給システムの連携、化学製品へのCO2利用などが含まれている。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース