一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

(仮称)茨城風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見提出

環境一般 環境アセスメント】 【掲載日】2015.11.20 【情報源】環境省/2015.11.20 発表

 環境省は、20日、茨城県及び福島県で計画されている「(仮称)茨城風力発電事業計画段階環境配慮書」(インベナジー・ジャパン合同会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 この事業は、茨城県北茨城市、高萩市、常陸太田市及び福島県東白川郡塙町において、最大で総出力60,000kWの風力発電所を設置するもの。
 環境大臣意見では、風力発電設備等の配置等の検討に当たり、近隣には複数の住居が存在する上、一部の住居は近隣を風力発電設備に囲まれる可能性が高いことから、住居から可能な限り離隔すること等により、騒音等や風車の影による影響を回避又は極力低減すること等を求めている。

○事業概要
・名称 (仮称)茨城風力発電事業
・事業者 インベナジー・ジャパン合同会社
・計画位置 茨城県北茨城市、高萩市、常陸太田市及び福島県東白川郡塙町
(事業実施想定区域面積:約1,200ha)
・出力 最大60,000kW(2,000kW級発電設備を30基程度設置)

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ