一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス、EUから助成を受け泥炭地保全プロジェクトを実施

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2016.06.08 【情報源】イギリス/2016.05.20 発表

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、EUから1200万ユーロの助成を受け、同国の泥炭地を保全するプロジェクトを実施すると発表した。イギリスには数千年かけて形成された泥炭湿地があり、炭素を貯留する泥炭が特に多いことから世界的にも貴重だという。この助成金は、EUが欧州各地の環境、自然保護、気候行動プロジェクトに助成しているLIFEプログラムから拠出される。この保全プロジェクトは、泥炭地の生物の繁殖地を設け、湖沼河川の水質を改善し、森林火災や洪水リスクの軽減、観光業の活性化などにも寄与するという。また、泥炭地はイギリス最大の炭素貯蔵庫であるが、露出または損傷した泥炭は炭素を放出するため、泥炭地の保護は気候変動対策でも大きな役割を果たすという。イギリスは、2010〜2015年にかけても、EUから500万ユーロの助成を受け、ピークディストリクトと南ペナイン山脈の2500ヘクタールの泥炭地を保護している。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース