一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

国連環境計画、2016年度SEED賞の受賞者を発表

エコビジネス 環境と経済】 【掲載日】2016.10.12 【情報源】国連/2016.09.28 発表

 国連環境計画(UNEP)は、持続可能な開発に寄与する革新的な社会・環境事業家に贈られるSEED賞の2016年度の受賞者を発表した。2002年に設立されたSEEDグローバルパートナーシップは、発展途上国の中で最も革新的な、環境に配慮した新興企業を表彰し、成長と経験の共有のための技術支援とビジネスのノウハウを提供するもので、そのビジネスモデルは各国の持続可能な開発の課題を克服するのに役立つ。2016年度は、500以上の応募の中から、モーリシャスの革新的な廃棄物管理やブルキナファソの太陽光発電の普及などアフリカ8か国の20事業が選出された。また、「SEEDジェンダー平等賞」は、ケニアの地域密着型のイニシアティブに贈られた。受賞者は、さまざまな支援機関の利用や個々に応じた支援を6か月間にわたって無料で受けることができるほか、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの38か国200以上のSEED賞を受賞した企業から成るネットワークに参加するという。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース