一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

持続可能な消費生産センター、持続可能な消費と生産についてオンラインセミナーを開講

環境学習 その他(環境学習)】 【掲載日】2017.03.09 【情報源】研究機関/2017.02.23 発表

 持続可能な消費生産センター(CSCP)は、国連システム・スタッフ・カレッジ(UNSSC)の持続可能な開発のためのナレッジセンターと共同で、持続可能な開発目標(SDG)12(持続可能な消費と生産)を実施していくためのツールと方法に関するオンラインセミナー「Close the Loop!(環を閉じる) SDG12」を開発し、受講希望を受け付けている。セミナーでは、1)SDGにおいて責任ある生産と責任がなぜ重要か、2)持続可能な消費と生産が各個人の仕事や生活にどうかかわるか、3)SCPの重要な定義とツール、を理論だけでなく体験を通じ受講者が理解できるようにするという。対象者は、国連スタッフのほか、政策決定者、起業家、市民社会、消費者など、責任ある生産と消費を目指す幅広い層に開かれている。コースは2017年5月22日〜6月30日の6週間で、国連やCSCP、企業や市民社会から講師を招く。参加費用は1250ドルで終了時には修了証が授与される。受講の応募は2017年5月15日まで受け付ける。【持続可能な消費生産センター】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース