一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ自動車、光センサーを活用した土壌診断・改良提案サービスの事業実証を開始

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2019.05.23 【情報源】企業/2019.03.26 発表

 トヨタ自動車株式会社は、農地における土壌成分の調査において、土壌に含まれる成分をリアルタイムに見える化し、そのデータを活用した土壌診断と改良提案を行う支援サービスの事業実証を開始する。

 このサービスは、農地内の土壌成分のバラツキを迅速に把握し、ムダ無く堆肥等の土壌改良剤を投入して的確な土づくりを行うことで、作物の生産性向上や環境負荷低減への貢献を目指すもの。
 今回は、東海物産と共同で、三重県の稲作農家の水田において、同技術を軸とした本サービスの事業成立性の検証を開始する。
 検証は2019年12月までを予定している。

 詳細はプレスリリース参照。

【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース