一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

川崎重工業、バッテリー交換式電動二輪車 実証実験「eやん OSAKA」と連携

大気環境 交通問題】 【掲載日】2020.09.01 【情報源】企業/2020.08.19 発表

 本田技研工業株式会社、川崎重工業株式会社、スズキ株式会社、ヤマハ発動機株式会社の 4 社が日本国内における電動二輪車の普及を目的に設立した「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」は、2020年9月より大阪府内で行われる交換式バッテリー電動二輪車実証実験「e(ええ)やん OSAKA」に連携していく。

 eやん OSAKAは、環境性能に優れた電動二輪車の普及および認知度向上、その活用による持続可能な都市交通戦略の検討を目的とした実証実験で、一般社団法人日本自動車工業会の二輪EV普及検討会が、大阪府、国立大学法人 大阪大学と連携して実施するもの。

 コンソーシアムでは、日本国内の都市部における大規模な電動二輪車の実証実験との連携を通じ、交換式バッテリーの利便性や有用性を具体的に確認し、バッテリー交換システムの共通仕様検証を進めていく。

【川崎重工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース