一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 「国家水対話」が終了。国家水戦略策定へ。

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2020.10.16 【情報源】ドイツ/2020.10.08 発表

 ドイツ連邦環境省は、これまで2年間に渡って集中的な審議を実施してきた「国家水対話」が終了したことを発表した。「国家水対話」は、2018年に連邦環境省とドイツ連邦環境庁によって開始されたもので、水経済、農業、学術、関連団体、連邦州、地方自治体から200人以上の専門家が、水経済の今後について審議を行ってきた。州政府や自治体が今後、気候を要因とする水不足にどのように対処できるのか、ドイツ全国の自然の水収支をどのように維持・保護できるかなどを調査し、水管理のインフラストラクチャーに関する戦略的なアプローチや新しい資金調達手段、組織・管理における構造強化、拘束力のある計画手段など、様々な提言をとりまとめた。これらの提言は、連邦環境省が来年夏に提示する予定の国家水戦略において考慮される。
【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース