一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約に基づく国内実施計画」の改訂および点検結果について発表

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2020.11.25 【情報源】環境省/2020.11.24 発表

 環境省は、残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約の対象物質の追加等を踏まえ、同条約に基づく国内実施計画を改定した。
 また、平成28年に策定した国内実施計画の点検も併せて実施した。
 今後は、改定された国内実施計画に基づき、関係省庁と連携して、POPsの排出削減、適正処理環境監視、国際協力等に引き続き取り組む。
 
 詳細はプレスリリース参照

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース