一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

カナダ環境・気候変動省、ケベック州内に西洋コーラスカエルを保護する緊急指令を発令

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2021.12.08 【情報源】カナダ/2021.11.22 発表

 カナダ環境・気候変動省は、絶滅が危惧される西洋コーラスカエルの個体数の回復を図るため、同種にとって非常に重要な生息地であるケベック州南部のロングイユに、生息地を保護するための緊急指令を発令したと公表した。同指令は即時発効した。西洋コーラスカエルの生息地は、主に都市開発によって消失が進み、この数十年間で最大90%が消失したと推定されている。五大湖からセントローレンス、カナダ楯状地にかけての西洋コーラスカエルは、絶滅危惧種法の下で2010年より保護対象に指定されている。ロングイユ一帯の個体数はケベック州で3番目に多く、生息地の消失による個体数の減少が同種やこの地域の生物多様性の健全性に深刻な影響を与えかねないことから、ロングイユの西洋コーラスカエルを保護することは同種全体の存続や回復にとって重要だという。今回の指令は、最新の科学的知見や入手できる最良の情報に基づいて同省が行った脅威に関する評価を受けたものである。ケベック州では、2016年にもラプレーリーに同様の緊急指令が発令された。
【カナダ環境・気候変動省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース