一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

国立公園として全国6番目の公園管理団体を指定

自然環境 自然公園】 【掲載日】2021.12.17 【情報源】環境省/2021.12.16 発表

 環境省は、白山国立公園において活動している特定非営利活動法人環白山保護利用管理協会を自然公園法に基づく「公園管理団体」に指定したと発表した。
 公園管理団体制度は、自然公園の管理に関する一定の能力を有する一般社団法人又は一般財団法人、NPO法人等を公園管理団体として指定し、自然の風景地の管理主体及び公園内の利用施設の維持管理主体等として位置づけるもの。
 この制度は、地域住民等による自然の風景地の保護と適正な利用に係る自発的な活動を推進することを目指すものであり、具体的な公園管理団体の業務として、植生復元や草原管理といった自然の風景地の管理、歩道や園地などの公園の利用施設の点検・補修などの維持管理、公園内の自然情報の収集・提供など幅広い業務を想定している。
 特定非営利活動法人環白山保護利用管理協会は、これらに該当する業務を実施していると認められることから、国立公園としては全国6番目の公園管理団体に指定された。
 活動区域は、白山国立公園(全域)となる。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース