一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

ドイツ 内閣が第2次補正予算案を承認し600億ユーロをエネルギー・気候基金に支出

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2021.12.24 【情報源】ドイツ/2021.12.11 発表

 ドイツ連邦経済気候保護省は、2021年第2次補正予算案が閣議決定され、600億ユーロがエネルギー・気候基金(EKF)に支出されることになったことを公表した。今後、この基金は、気候変動基金(KTF)として編成される。第2次補正予算案は、税収の増加と歳出の削減を財源とするもので、600億ユーロは気候変動対策や国内の経済変革への投資への追加的な資金として利用される。エネルギー・気候基金(EKF)として支出されることから、余剰資金は今後数年間、利用可能となる。第2次補正予算案は、今後、連邦議会による承認が行われる。
【ドイツ連邦経済・気候保護省】

リリース元記事:
https://www.bmwi.de/Redaktion/DE/Pressemitteilungen/2021/12/20211213-habeck-zusaetzliche-mittel-fuer-die-transformation-zu-einer-klimaneutralen-volkswirtschaft-kabinett-beschliesst-entwurf-des-zweiten-nachtragshaushalts-2021.html

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース