一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

石綿の事前調査結果の報告制度が4月1日からスタート

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2022.03.02 【情報源】環境省/2022.03.01 発表

 環境省は、石綿の事前調査結果の報告制度が4月1日からスタートすることにともない、電子システム「石綿事前調査結果報告システム」がスタートすると発表した。システムは4月1日までに公開予定。
 建築物等の解体・改修工事を行う施工業者は、大気汚染防止法に基づき当該工事における石綿含有建材の有無の事前調査結果を都道府県等に報告することが義務づけられる。報告は、厚生労働省が所管する石綿障害予防規則に基づき、労働基準監督署にも行う必要がある。
 このシステムを利用すれば、
 [1] パソコン、タブレット、スマートフォンから、行政機関の開庁日や開庁時間にかかわらず、いつでも報告を行える
 [2] 1回の操作で、大気汚染防止法に基づく都道府県等への報告と労働基準監督署への報告を同時に行える。
 [3] 複数の現場の報告も、まとめて行うことがでる。
 という利用のメリットがある。
 
 
【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース