一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

水素燃料プロジェクトを支援

エネルギー 燃料電池】 【掲載日】2003.03.28 【情報源】カナダ/2003.03.20 発表

 カナダ政府は3月20日、カナダの水素燃料電池システムのメーカーであるHydrogenics社が行う2つの水素燃料プロジェクトに対し、62万カナダドル(約4960万円)を補助すると発表した。事業費の総額は、約161万カナダドル(約1億2880万円)。
 一つ目のプロジェクトは、天然ガス改質による水素燃料供給装置の開発を目指す。この装置は、燃料電池自動車及び常設発電所(50キロワット)双方のために水素を発生させる。この夏トロントにおいてデモンストレーションが行われる予定である。
 二つ目のプロジェクトでは、Hydrogenics社の有する、移動式水素燃料電池での電気分解技術を発展させる。外部資源からの電力を利用して、電気分解により、水から水素を発生させる。Hydrogenics社は、同社の本部のあるミソソーガで、2004年夏に実証試験を行う予定。さらに完全に持続可能な解決策とするため、風力やソーラー発電も活用していきたいとしている。
 なお、補助金は、カナダ輸送燃料電池同盟(Canadian Transportation Fuel Cell Alliance :CTFCA)を通じて支出される。アンダーソン環境大臣は、声明の中で「カナダは燃料電池の技術開発で世界をリードしていると見られる。今回の投資によって、実際の利用面においても、先端を行くことになるだろう」と述べ、今回の支援策の意義を強調した。【カナダ連邦環境省、カナダ連邦天然資源省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース