一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、景気低迷とエネルギー価格急騰により、2022年の電力需要の伸びは減速と発表

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2022.08.04 【情報源】国際機関/2022.07.20 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は、景気低迷とロシアのウクライナ侵略によるエネルギー価格急騰により、2022年の世界の電力需要の伸びは大きく減速と発表した。「電力市場レポート」2022年7月版は、2022年の電力需要は2.4%の増加で、COVID-19蔓延前の水準である6%に回復した2021年に比べ減速し、この傾向は2023年も継続と予測する。2022年の容量の伸びは堅調で、再生可能エネルギー発電は10%以上増加、原子力発電は3%の減少だが低炭素発電は全体として7%増加し、化石火力発電は1%減少する。その結果、電力部門のCO2排出は、史上最高の2021年から1%とわずかだが減少する。ロシアの天然ガスに依存する欧州では、2022年上半期の天然ガス平均価格は2021年同期の4倍、石炭価格は3倍以上、卸売電力価格は3倍以上となった。そのため2022年に欧州で石炭消費は増加するが、中国とアメリカでの減少と相殺され純増加はわずかである。IEAは、危機対応としてクリーンエネルギー移行の加速を要請している。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース