一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

IBM、2021 Call for Code Global Challengeの最優秀ソリューションにSaaf Waterを選出

水・土壌環境 水質汚濁】 【掲載日】2021.12.21 【情報源】企業/2021.11.16 発表

 Call for Codeの設立パートナーであるIBMと創設団体のDavid Clark Causeは、「第4回Call for Code Global Challenge」の最優秀ソリューションを発表した。今年のGlobal Challengeでは、オープンソースを活用したテクノロジーで気候変動への対応を世界中のイノベーターに呼びかけた。Call for Codeは、世界中のソフトウェア開発者が喫緊の社会問題に対処する、最も大規模で意欲的な取り組み。この取り組みは、問題解決のために高度な最新テクノロジーを活用し、最先端のソリューションを開発していく。今年の最優秀ソリューションに選ばれたのは、農村地域で生活する人々のための利用しやすい水質センサーおよび分析プラットフォームのSaaf Waterであった。
 インドのビハール州では、地下水のヒ素汚染に関連した病気が原因で、過去20年間に同じ家族内で9人が死亡した。さらに多くの人々が病気にかかり、インドのゴアに住む、Saaf Waterのチーム・メンバーの母親もその1人であった。居住地域、さらには全世界での被害拡大を阻止するために行動を起こしたSaaf Waterは、水質情報の入手と理解を容易にするため、IBM CloudとIBM Watsonを利用してソリューションを構築しました。設置されたハードウェアとソフトウェアのプラットフォームは、地下水を監視し、推奨される浄化方法と水質の概要を提供するよう設計されている。
 Saaf Waterには20万ドルが授与され、このソリューションの改良、テスト、導入に関して、IBMのボランティア「IBM Service Corps」やCall for Codeエコシステムの専門家パートナーからの支援、また、インドを拠点とするチームには、Linux Foundationからの支援を受けることができる。これにより、アプリケーションがオープンソース化され、世界中の開発者がこのテクノロジーを改良、拡張して利用できるようになる。
【日本アイ・ビー・エム株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース