一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか? 

登録日: 2007年08月01日 最終回答日:2007年10月31日 ごみ・リサイクル 産業廃棄物

No.24006 2007-08-01 11:11:09 行き止まり

私の母が栃木県宇都宮市の土地を自動車教習所に2002年8月までの30年間貸しておりました。そこには教場の建物が建っていたのですが、返還されて地ならしをしてみたら、土中にオイルエレメント900個やバッテリー、電球、ビン缶、焼却汚泥、何故か大量の注射器等、約400㎥分もが不法に埋め立てられていました。母は最初、処理業者に頼んで撤去してもらっていたのですが、注射器等が出てきた時点で業者さんから「危険なのでこれ以上は無理」と言われ、また全部撤去してもらうと300万円掛かると言われた為一旦中断し、投棄した自動車学校に撤去費用の請求をした所、「今更時効である」等とかわされてしまい、2度調停にも訴えたものの結局物別れのままで現在に至ってしまいました。
ずっと母は妹(私の伯母)とその問題に対処して来たらしいのですが、最近になって初めて、離れて暮らす私に打ち明けられ、私も一緒になって戦うことに致しました。今日、市の廃棄物対策課に相談に行ったのですが、「酷い不法投棄ですが、もしかしたら指導位は出来るかも知れませんが、基本的には撤去費用は土地の所有者負担になると思います」と言われてしまい、その後警察にも相談しましたが、「これは明らかに不法投棄で、しかもかなりの悪質なものだけれど、この8月21日で刑事としての時効になってしまうので、それまでに立件するのは不可能でしょう。どうしてもっと早く通報しなかったのですか?」と言われてしまいました。母は5年前にも市役所にも警察にも相談していたそうなのですが、教習所の社長が元市議会議員だったり、校長先生は警察OBだったりする関係からか、相談してしばらくすると誰にも手を引かれてしまい、当時調停にお願いした弁護士さんにまで突然手の平を返されてしまったそうです。
廃棄物の様子は全部写真に収めてありますし、今現在も大量のガラス片などは埋まったままになっています。誰にも売れない、貸せない何にも使えない土地なのに、毎年高額の税金を払わなければなりませんし、何より先祖代々受け継いできた大切な土地を、汚染されたままにして置いて良い訳が無く、何とか原状回復してもらいたいと思うのですが、何か良い方法は無いものでしょうか?もうどうにも行き詰まってしまっており、ご相談させて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。

総件数 23 件  page 1/3  1 2 3  次へ

No.24007 【A-1】

Re:取り急ぎの件だけ

2007-08-02 08:50:13 レス

 至急検察(警察じゃないですよ)に告訴を急いでください。

 後日改めて説明します。

回答に対するお礼・補足

早速回答ありがとうございます。検察ですか?私も全くの素人でどうしたら良いのか分からないのですが、弁護士さんなど頼まなくても告訴できるのでしょうか?早速調べてみます。
とにかくすぐにお返事をいただいて ありがとうございました。

No.24009 【A-2】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-02 10:11:03 たる吉

ひどすぎる事例です!!
警察がうやむやにするなど許されません。
(最近だと長崎市長銃撃事件の際、銃撃2時間前に警察に通報があっていたようで、警察署長自ら元市長宅へ出向き、「警察は悪くない」とだけ告げて去っていったとのこと。どこまで本当か知りませんが、警察は保身に満ちていると感じたところです。)
良いのかどうかはわかりませんが、マスコミを味方につけるのも手かもしれません。

役に立つことはできませんが、全面的に応援します。

回答に対するお礼・補足

早速のお返事ありがとうございました。正直こんな無知な私達にお返事がいただけるのかどうか不安で、今日一日仕事が手に付きませんでした。私は宇都宮の家から東京の会社に毎日通っているので、お礼が遅くなりました事をどうかお許し下さい。
きちんと聞きましたら、前社長が栃木県議会の議長で息子さんは宇都宮市役所の偉い方、歴代の校長先生は皆警察OBなのだそうです。
昨日警察署に相談に行った際にも最初は「こんな悪質な不法投棄」と言っていたお巡りさんが、私が投棄者は教習所だと言った途端に「大体教習所って言うのは警察関係なんだよねー。社長は誰?」とか「校長先生は誰?」などと訊いてきて、私が「そんなので圧力とか無いですよね?と訊いたら「もちろんですよ、でもそれと立件出来るかどうかって言うのはまた別の問題だからね・・・」になってしまいました。そして最終的に「時効まであと20日しかないから立件は無理だし、あとは弁護士さんに頼むしかないよね。悔しいだろうけど、今の法律って言うのはみんな犯人に有利なように出来ているんだよ。」と言われて帰されてしまいました。
調停の際にお願いした弁護士さんも最初は良くやってくださっていたそうなのですが、突然「やっぱり無理でしょう」と言われて、調停は不調に終わったそうです。母が別の弁護士さんに頼もうとしても、「どうせ最後は私の所へ来ることになるんですよ」と言われて誰にも頼めなかったそうです。どうやら教習所から何度もその弁護士さんの所へ電話があったようで、その頃から何だかよそよそしくなったようです。
その後母は何度も市などの法律相談に通いましたが、途中で「調停の際の弁護士さんはどなたに頼んだのですか?」と訊かれ、名前を告げるとやっぱり「その先生が無理だと言うなら・・」と何の回答も得られずに終わりにされてしまったそうです。
昨日も警察で弁護士さんに頼めと言われた時にその話をしましたが、「弁護士は仕事を選べるからねー、我々は選べないけど。」と言われました。
実は問題は他にも沢山ありまして、母が貸した土地に隣接して公道(市道か県道か分かりませんが)があったのですが、教習所はその公道を舗装してコースに組み入れてしまい、勝手に母の貸した土地に代替の道路を作ってしまいました。そして母に返還された時には
その偽の道路付きで返されてしまっているんです。ちなみに教習所は本来の公道をコースとして今現在も営業しています。母は勝手に道路を作られてしまって、その分面積を減らされてしまったような状態です。
要するに、71歳の母は結局何も分からぬまま、教習所の良いように騙されてしまったのですよね。”無知は時間とお金を浪費する”と聞きましたが、本当に私は、どうして今までこのことに気が付いてあげられなかったのか、どうして今まで母と伯母と2人きりで戦わせてしまったのか、悔やんでも悔やみきれません。でもこの状況を知った以上、出切るだけのことは一生懸命やってみようと思います。
ここで皆様に相談させて頂けるだけでも どんなに心強いか分かりません。話を聞いていただけて、励ましていただいて、本当にありがたく思っております。
ありがとうございました。

No.24027 【A-3】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-02 18:45:48 Dr.ゴミスキー

 行政OB関与の悪質なケースです。

 時効云々ですが、記述内容から時効が中断(記録が保存されている等)とも思われます。

 レスさんも言われていますが、至急、司法に相談されることをお勧めします。

 微力ながら支援します。

回答に対するお礼・補足

早速お返事を頂きありがとうございました。母は5年前にも警察にも市役所にも相談に行って、しかも市役所の方が2人して現場に来てくださり写真を撮って行ったそうです。そして母にも「写真を撮っておいたほうが良いよ」と言って行ったそうです。母はその方の名前を覚えているので昨日市役所に行った時にそのことを話して、「記録はあるはずですよね?」と訊いたのですが、「すぐには分からない」との返答でした。
また警察に相談した際の担当の方の名前は、母は覚えていません。そのことを昨日警察で言いましたが、何も返事はありませんでした。
記録は数々の写真と、過去に2回の調停(不調に終わりましたが)の資料、今なお埋まっているガラス片などと、母が業者さんに頼んで半分程撤去してもらったのでその時の担当の方々と、全部撤去したら300万円ですと言う見積書等ですが、それらで時効が中断出来るのでしょうか?棄てられていたのはオイルエレメント900個などですが、教習所はそこで自動車修理工場も併設していたので、投棄者の証明は出来ると思うのですが、昨日のお巡りさんの話では実際に棄てた時期を特定しなくてはならないし、その棄てた日から5年と言う時効だから、それが無理だと言われました。
でも、レスさんのおっしゃる様に「検察に告訴」なのですね。トライしてみます。お返事ありがとうございました。

No.24029 【A-4】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-02 19:23:48 りおんちゃん

>廃棄物の様子は全部写真に収めてありますし、今現在も大量のガラス片などは埋まったままになっています。

(中略)

>何とか原状回復してもらいたいと思うのですが、何か良い方法は無いものでしょうか?

不法投棄の時効の起算点は、投棄が実効された時点の筈です。
平成2年8月に土地が返還されていますが、仮に不法投棄の実施がそれ以前であった場合には、時効は既に完成しているのではないでしょうか。おそらく警察に相談しても時効の完成を理由に事件化されるのは難しいと思います。

仮に事件化されても、警察が出来ることはせいぜい相手を処罰するまでであって、仮に相手を処罰できたとしても、原状回復については警察や行政の仕事ではありませんので、土地所有者が求めていかなければ履行されないでしょう。

そのためには、不動産の賃貸借関係に詳しい弁護士さんに相談してみてはどうでしょうか。
自動車教習所は、30年間の貸借を受けている期間に、その土地に対する善管義務があるわけですし、土地の賃貸借契約には、返還時の原状回復がうたわれているはずです。

流れとしては

1.弁護士や司法書士を依頼し
2.土地の原状回復を文書で請求し
3.2を何度か繰り替えし
4.履行されないので、こちら側で履行すること、及び、費用は自動車教習所に請求することを文書で通知し
5.廃棄物の撤去を行い
6.撤去にかかった費用を民事裁判で相手側に請求

という感じになりますでしょうか。
参考にしてください。


ただ、気になったのは依頼した弁護士が途中で手を引いているとのことですが、その理由はなんだったのでしょうか。弁護士の方もあらゆる法律に精通しているわけではありませんが、手を引いたのが事実であるならばそれなりの理由があったように思います。

そのあたりが気になりますね。

回答に対するお礼・補足

早速のお返事ありがとうございました。
土地が返還されたのは2002年8月21日ですので平成14年になります。ただ、りおんちゃんさんの仰るとおり警察の方は「投棄された日から5年だから、まずはその投棄した日を特定しなければならない事。仮に特定出来ても起訴するまでにあと20日では無理だ」と言う事でした。
またりおんちゃんさんが教えて下さっている”流れ”のうち弁護士さんへの依頼を除いて2番3番の「文書で請求を繰り返す」はすでに致しました。(7月1日、13日、26日に内容証明郵便にて請求しました。)
かつて依頼した弁護士さんが手を引いてしまったのは、上記のたる吉さんへのお礼欄でも書きましたが、教習所の社長さんや役員の方々が、県議会議長を始めどなたも偉い方で、圧力がかかっていたようです。弁護士さんも最初は「悪質だ」と仰っていたのに、最後は「撤去費用は教習所と母とで折半にしては」とまでになってしまったそうです。さすがに母はそんな話はひどいと言って拒否した所、「じゃあ不調ですね。」と言って終わりにされてしまったそうです。そして運の悪い事に、その弁護士さんもやっぱり偉い方だったようで、弁護士会の弁護士さん方は母がお願いしようとしても「あの先生がそう仰るなら無理でしょう」と仰ったそうです。そして現にその弁護士さんが「誰に頼んだって結局は私の所へ来ることになるんですよ」と言ったそうです。
ただ私もやはり弁護士さんに頼むしか無いのかなと思うので、何とか、しがらみの無い、弁護士会と関係の無い弁護士さんを探せないものかと考えております。
そして本当に、まだまだ問題があるのですが、その土地以外にもまだ教習所に貸している土地があるんです。母は不法投棄が分かった時点で「こんな事をする人にはもう土地は貸せない。全部契約を解約したい」と申し入れたのですが、「今まで30年以上にも渡って使用してきたのだから地上権がある」の一点張りで、しかも5年前からは殆ど地代も支払わず(払う部分と払わない部分があるんです)に今なお使い続けています。それについて母が直接訴えに行った時には「ゴミの埋め立てについてはもう時効だ。うちには地上権があるんだ。そんな事を言うのならあの土地を取り上げてあんた達には立ち入らせない」とまで言われています。私がこの問題を知って先月から内容証明などを送ったので、少しばかり(教習所の入り口の部分の土地を35年近くも使っておきながら1年分位?)の金額の振込みをしてきましたが、その他にも境界杭を勝手に移動させてしまっていたり母に返還した土地の住所を未だに教習所の住所として使っていたり、数え上げたらきりがありません。地代についても昭和44年に契約した金額のまま、母の値上げの申し入れも一切拒否して、未だに坪50円の地代のままを通しています。
とにかく母は、地代もろくに払わずに不法投棄をするような教習所に今後一切の土地を貸したくは無いのですが、今現在も営業を続けているだけにそれは無理なのでしょうか?悩みは尽きません。
でも!こんなに沢山の方にお知恵をお借りして、励ましていただいて、本当にありがたく思っております。
思うだけじゃなく頑張ります!
ありがとうございました。

No.24039 【A-5】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-03 13:04:34 ハラコ

行き止まり様

 大変ですね。言葉もありません。

 行政への対応の一つとして、環境省の不法投棄ホットラインに通報しては、どうでしょうか?
 国から地方自治体へ不法投棄の情報を通報し、地方自治体の対応が求められるシステムのようです。

 電子メール:sanpai110@env.go.jp (産廃110番)

 FAX:0120− 5 3 7 ( ゴミなし ) −  3  8 1 ( さんぱい )      送信表は、環境省のホームぺージからダウンロードできます。

 携帯:次のサイトから携帯電話で直接メールを送信することも可能です。
      http://www.env.go.jp/k/recycle/s110.html ( iモード 、 EZweb 、 Yahoo!ケータイ 対応)

 ただ、大量の産業廃棄物の不法投棄など緊急に対応を要する事案についての情報を国民から直接受けるしくみ、なので、過去の事件にどこまで対応できるかわかりませんが、地方自治体の対応が国にも明らかになると思います。

 時効や不起訴で相手に何もお咎めがなくても、のちのち該当者に何らかのペナルティ(社会的信用の失墜)があるのではないでしょうか。
 行き止まり様には、何も返って来ないかもしてませんが…

 ただ、周りで大きく騒げば、当事者は、問題を大きくしないために(社会的に地位のある者なら特に)、前向きに話し合い(示談交渉や保証金等)に応じるのではないでしょうか。

 一刻も早く解決できるように祈っています。

回答に対するお礼・補足

ハラコ様
お返事ありがとうございます。
昨日皆様に色々ご助言頂けましたので、早速!A−1のレスさんが教えて下さった通り、今日は仕事を休んで検察庁に行って参りました。さすが検察丁の方々は、しっかりと話を聞いてくださり、告訴の仕方、必要書類等々丁寧に教えてくださいました。
結果として「明らかに不法投棄である。それもかなり悪質である。告訴するに値すると言える。ただやはり時効の壁があって処罰まで出来る可能性はかなり低い。でも民事で争うならば、どう考えても原状回復の責を負うのは教習所であり、私達の申立は筋が通っている話だ」と言われて参りました。
私達もこうなったら、たとえ処罰できなくても、たとえ撤去費用を教習所が払ってくれなくても構わない!とにかく「不法投棄は刑法に違反する犯罪で、今回は時効になってしまったから罰せられないかもしれないけれど、あなた達のした行為は処罰されるほどの犯罪なんだ」と言うことを知らしめることが出来ればいい、と言う気持ちになってきました。
そして一つ良いニュースがありまして、一昨日市役所に相談に行ったため市役所の方が5年前に母が相談に行った際の資料を探してくださいまして、写真付きの資料が残っているのが確認されました!ただその資料を作ってすぐ担当の方が異動になったため放置されていたようです。そして昨日、市役所の方が教習所に話を聞きに行って下さったそうです。そうしたらすでに投棄された土地は雑草だらけで「現物が確認できないのでこれ以上はなんとも・・・」と言うのですが・・・。
でも私達は、仮にも議員だったり、警察だったり、法令の遵守を教えているはずの教習所の方々がする行為ではないということを分からせる為にも、今、頑張って訴えていこうと思います。
ハラコ様、不法投棄ホットラインを教えて頂きありがとうございました。こちらも通報してみます。出来ることは何でもやってみます!
またご報告いたします。ありがとうございました。

No.24055 【A-6】

そんなことはない!

2007-08-04 09:23:32

司法的方向性は、
先達の皆さんの方がお詳しい。
そこで別の角度から。
1)新聞社に投稿する。いわゆる全国紙(毎朝読)
  および地方紙(栃木県なら下野新聞)
2)宇都宮市議会、栃木県議会 の議員に訴える。
  特に野党系。(百条委員会まで持っていければ、
  逃げられない。)
でも、
栃木県ってそんな県なんだね。
栃木県警ってそんなもんなんだね。
宇都宮市ってそんな市なんだね。

回答に対するお礼・補足

暫様
お返事ありがとうございます。
上記レスさんに教えて頂いた通り月曜日の告訴に向け準備中ですが、たる吉さんが教えてくださった「マスコミに訴える」方法も是非とりたいと思っておりました。(時効等の関係で最終的にはそうするしかないのかなと思っておりました。)
ただマスコミと言ってもどうすれば良いものか、毎週日曜日にTBSで放送しているテレビ番組に投書するくらいしか思い浮かばなかったのですが、新聞ですね!ありがとうございます!
市県議会の議員さんに訴えたいのは山々ですが、教習所の社長さんが元県議会”議長”なだけに、訴える相手をしっかり見極めないとダメですよね?それでなくてもその社長さんの息子さんが宇都宮市役所の部長さんか何かだったらしく、5年前に母が市役所に訴えて市役所の方がその不法投棄の現場を確認し写真を撮って資料まで作ってあるのに、そのまま放置されてしまっている位なので・・・。昨日もまた市役所に行って「その資料は第3者の方の証言、証拠になりますよね?」と訊いたら、「警察などからの情報開示請求があってその時にこの資料が保管されていればお見せすることは出来ると思いますが・・」という歯切れの悪い返事でした。しかも「この資料の保管期限も5年なので、まもなく廃棄される」と言うんです!そして担当してくださった方のお名前を伺ったらご自分では答えて下さらないので、見かねた部下の方が代わりに教えてくださったんです!!
本当に・・・・、栃木県ってこんな県です。宇都宮市もこんな市です。栃木県警も、ほんとにこんなもんでした・・・県警のお巡りさんも私達の名前などを訊くだけ訊いて、ご自分達の名前は私がいったん帰ってから再度訊きに戻るまで一切知らされませんでした。
でもここで負けてしまうわけには行きません。
暫様ありがとうございました。新聞、議員さん、頑張ってやってみます!

No.24059 【A-7】

Re:すみません時間が取れなくて

2007-08-04 11:10:23 レス

こちらをお読みください。参考になります。
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=23768

 時間がないのでポイントだけ。
(出来れば締め切らないで下さい)

 民事と刑事は関連はありますが、本質的には別と考えてください。

 民事はほぼ勝てるはずです。姑息ですが、検察に対する告訴も手段の一つにしか過ぎません。

 次に貴方が動く方法は、今貴方が住まわれている地域で信頼できる弁護士を探すことです。もしお母様と同じ県内でしたら、首都圏でアクセスのよい場所の弁護士にする必要があります。
 弁護士の選定の基準は、環境問題で有名とか、人権派で有名などは気になさる必要はありません。
 現状の書類、経緯書をA43枚以内で記述して、ご本人に面談で相談することをお勧めします。
 一つ重要なのは、あの(とここでは云いますが、お判りですよね)弁護士と弁護士会及び卒業学校が異なることが望ましいです。

 賠償裁判を起こす場合、なぜ検察を巻き込んだか、今回の事情も説明されれば、民事のわかっている弁護士なら納得されるはずです。

回答に対するお礼・補足

レス様
お忙しい所、私達の為に早速なお返事を頂き、ありがとうございました。早速昨日検察庁へ行って相談し、書類を揃えて月曜日の朝一で告訴することにいたしました。
レス様がおっしゃるように、もし民事で勝てるならば、その為の手段の一つになるならば、そして教習所のした事が犯罪なのだと明らかになるならば、たとえ時効で処罰されなくても構いません。
今もまだ不法投棄され返還された土地の他に土地を貸しているのですが、母がこんな事をする人にもう土地は貸せないと言っても「今まで30何年使ってきた使用権があるのに重大な瑕疵も無く契約は解約出来ない」の一点張りな教習所に、”不法投棄は重大な瑕疵だ”と言うことを分からせて、全ての土地の貸借契約を解約したいのです。一昨日、私達の訴えで市役所の方が教習所に話を聞きに行って下さったのですが、「あのゴミは当時用務員として働いていた方が、小遣い稼ぎの為に近所の方々のゴミを引き受けて埋めていただけなので、大した量ではないし、それほど深くは埋まっていない」と言ったそうです。その用務員さんはもう亡くなってしまっているのでそう言い逃れたのかもしれませんが、オイルエレメント900個やバッテリーなど教習所で併設していた自動車修理工場の廃棄物であるのは明らかで、深さも150cm、量にして400㎥もの大量な廃棄物を用務員さんだけの仕業にするなんてありえません。さらに教習所の先生方もご自分の家で出たゴミをみな持ち込んでそこで焼却し、その大量の焼却灰も埋め立てているんです。また当初洗濯機や冷蔵庫、オートバイなども投棄されおり母が指摘したところ社長さんが教習所の先生方に命じて目に見える粗大ゴミは処分させたのですが、後から聞いたところ先生方は「別の山の中に穴を掘って皆埋めてきた」と言っていたそうなんです!
弁護士さん探し、頑張ってやってみます。私も母の近所に住んでいます。もし栃木県の弁護士さんでなくてもいいのなら、私の勤務先は東京なので、そちらでも探してみようと思います。やっぱり弁護士会が一緒じゃない方がいいのですね?そういったことが分からなかったので本当に参考になります。そして、こんな風に沢山の方から沢山のお知恵を貸して頂く事が出来て、母も本当に喜んでおります。こんな展開になるなんて思ってもみませんでした。
もちろん締め切りなど致しません。今後も状況をご報告、また相談させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

No.24065 【A-8】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-04 16:21:33 えぐち

いきなり横槍ですみません。
1つだけどうしても確認したい事があるのですが、本当に宇都宮市での出来事ですか?
変な意味で疑っているのではなく、一宇都宮市民として宇都宮の名誉の為に。

回答に対するお礼・補足

えぐち様
えぐち様も宇都宮の方なのですね。でも残念ですが本当です。本当に宇都宮市での出来事です。
教習所で働いていらっしゃる先生方は皆さん良い方です(だと思います)が、社長さんはじめ校長先生もそれぞれに権力者だからなのか、色々と法のすき間をかいくぐって私達には想像も出来ないような仕打ちを受けています。一昨日不法投棄の土地をもう一度市役所の方に見てもらうために草刈りに行ったのですが、そこでも社長さん校長先生が出てきて妨害され、社長さんから刈った草木で腕を切られ、校長先生には車で轢かれそうになりました。教習所の校長先生にです。
私も母も、先祖代々宇都宮の出身ですし、本当に残念でたまりませんが、事実なんです。嫌な思いをさせてしまってすみません。

No.24067 【A-9】

勝手に場所探しを行います

2007-08-04 20:32:46 Dr.ゴミスキー

 時効の解釈に2つあります。

 1つは不法投棄した日時から計算する方法です。
 もう1つは重大な瑕疵(瑕疵の内容でも論争があるが)のある場合です。

 この辺の判断はケース・バイ・ケースですので、司法の判断次第です。

 質問者から関係者の名前を公表することに問題もあると思います。

 そこで、宇都宮市ということから、色々なルートを使い、教習所の場所を特定する努力を勝手に行い、ごみ弁連の弁護士等に勝手に相談します。

 しかし、質問者も努力を行って、その努力の成果が見えていると思います。頑張って下さい。

回答に対するお礼・補足

Dr.ゴミスキー様、見守っていただいてありがとうございます。
ゴミスキー様が最初に教えてくださった「記録による時効の中断の可能性」について検察庁の方に伺ったのですが、”多分”中断は出来ないでしょうと言われました。
”重大な瑕疵”ですか?教習所から受けた様々な不法行為のうち、どれがそれに当たるのか分からないのですが、告訴状には告訴の事情として時系列に沿って列記してみました。
何とか時効に間に合えばとは思いますが、たとえ駄目だとしても教習所の行った行為は「犯罪なんだ」ということが明らかにされれば納得がいきます。私と母と伯母と、女性ばかりの為に教習所のいいようにされてしまったのだと思いますが、たとえ権力者でも、たとえ法の知識の無い女性相手でも、犯罪を犯してそのままでは済まないのだと言う事を分からせたいと思います。
そして私も母も、どうしても教習所に投棄物を撤去させることが出来なかったらその時は、先祖から譲り受けた土地として、少しづつでも撤去していくつもりです。
一昨日その土地に草刈りに行ったのですが、宇都宮市と鹿沼市との境にあるまだまだ自然の残された場所で、(私は怖くて触れませんでしたが)カブト虫やクワガタが飛び回っていました。夏には蛍が飛ぶこともあります。そんな場所に「校内コースは北関東一」という教習所を建設して、挙句誰に見せても悪質だと言われるような不法投棄をして許される訳がありませんよね。しかももともとこの地を通っていた市道を無断で舗装して、その北関東一のコースとして今でも営業・使用しています。その市道の代替道路をあろうことか母の土地に付け替えて作って母に返還し、しかもその代替道路を作る際には教習所の先生方に指示して産業廃棄物を埋め立てて作ったていたんです。今でも教習所は営業していますが、市役所土木課の地図にはコースの中に市道が走っているのがしっかりと表示され、市役所の方もびっくりしていました(でも誰かからその道路が通れない!と通報が無ければNo actionなのだそうです)。もっと言えばもともとその土地は私の祖父のものでしたが、祖父は教習所などに土地を貸すつもりは無く、それを知った教習所は勝手に所有者でもない母の兄名義で賃貸借契約を結び、教習所の開発許可を取っています。それから10年後に祖父が亡くなり母と伯母が相続した際にその偽りの契約が明らかとなり、公証役場の方から「その契約は無効だからいつでも契約は解除できる」と言われたものの、母は「それで教習所が閉鎖されてしまったら悪いので、せめて契約が満了するまではお貸しします。」となった経緯があります。なのに教習所は契約満了になっても土地を返すつもりはさらさら無く、「今は土地が安いので買い取りたい」と返還を譲らず、返還を求める母に「そんなことを言うのなら時効取得でその土地を取りあげるぞ。そうしたらあんた達はこの敷地に入れなくなるんだぞ」と脅されたそうです。
正直私はそんな忌まわしい土地とは縁を切って、誰かに売ってしまったら?と母に言ったこともあるのですが、母は「先祖代々のお墓もあるこの大切な土地を、絶対にないがしろには出来ない」と言っています。なので私も今更ではありますが、全力で母をバックアップしようと決めた次第です。
ところでゴミスキ−様、ゴミ弁連というのがあるのですか?あるのでしたら私自身でそちらの弁護士さんに御相談したいので、調べてみます!
私から皆様に質問をして、せっかく皆様からこんなにも沢山の励ましや提案を頂いているので、私自身が努力しなかったら申し訳が立ちません。母の無念が晴らされるまで、出来ることは何でもやって見ます!
ありがとうございました。

No.24069 【A-10】

Re:貸した土地に不法投棄をされたら現状回復は請求出来ないのでしょうか?

2007-08-05 06:49:34 Dr.ゴミスキー

 情調的ですが、栃木県には親類縁者がいますので他人の話と聞き流すことが出来ません。
 
 簡単なメッセージに長文の返事、ありがとうございます。頑張って下さい。1日も早く悪徳事業者(法律を守る立場の県議会議員と警察OB、息子が市幹部職員ら)を公にすることです。

 さて、略称「ごみ弁連」ですが、正式名称は次のとおりです。
 「たたかう住民とともにゴミ問題の解決をめざす弁護士連合会」

 会長は梶山正三弁護士(丹沢やまなみ法律事務所:神奈川県)です。事務局担当は、坂本博之弁護士(茨城県つくば市)です。

 掲示板では、これ以上の紹介は出来ない様子です。信頼できる弁護士に相談すると連絡先が分かるでしょう。

 「自動車教習所 栃木県宇都宮市」で検索すると次のアドレスがでます。4カ所の内のどれかでしょうか。
 名前の特定は結構です。有無の返事を頂ければ幸いです。

 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%BC%AB%C6%B0%BC%D6%B6%B5%BD%AC%BD%EA%A1%A1%C6%CA%CC%DA%B8%A9%B1%A7%C5%D4%B5%DC%BB%D4&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1&x=24&y=12

 「社長さんから刈った草木で腕を切られ、校長先生には車で轢かれそうになりました。」
 これは、傷害事件の可能性があります。診断書等はありますか。
 
 ところで、えぐち様。えぐち様は、横レスで次のように述べていますが、貴方の役割は、宇都宮市民として傍観者ではなく、名誉回復の努力を行うことと思う次第です。

 調べるキーワードは、@県議会議員が社長していた自動車教習所、A移転したことがある自動車教習所、B市役所で環境関連の相談の有無(個人名は特定出来ないが事例は公表されるはずです)、等です。
 宇都宮の名誉のためにも良き結果を期待しています。

 1つだけどうしても確認したい事があるのですが、本当に宇都宮市での出来事ですか?
 変な意味で疑っているのではなく、一宇都宮市民として宇都宮の名誉の為に。

回答に対するお礼・補足

Dr.ゴミスキー様
早速のお返事ありがとうございます。
はいっ!頑張ります!
そしてこんな風にやり取りする経験が無いので、いつもいつも読み難い長文になってしまってすみません。明日提出する告訴状は、出来るだけ簡潔に、客観的に、事実のみを書いたつもりですが、果たして受理してもらえるのかどうか・・・。
ごみ弁連、夕べ色々検索してみたのですが見つかりませんでした。このような正式名称なのですね。これさえ教えて頂ければ大丈夫です。こちらに栃木近辺の弁護士さんを紹介して頂くとか、相談してみたいと思います。
ごみ弁連もそうですが、なかなか検索って難しいですよね。私も教習所の事を調べるのにとても苦労しました。yahooで探しても見つけられませんでしたので、googleで「かぬま 公認 栃木県 自動車学校」等と検索して、初めて見つけることが出来ました。なにしろ市境ギリギリなので、住所は宇都宮市でも世間的にはお隣のかぬま市扱いなのかもしれません。ちなみに教習所の使っている住所は5年前に母に返還された不法投棄の住所です。現在の建物はその土地の斜め前(移転と言っても教場の建物を斜め前の土地に建て替えただけでかつての住所をそのまま使っており、コースなどには変更ありません)ながら別の地番にあるのにもかかわらず、未だに地代も払っていない母の土地の住所を使用しています。これについては先月1日に住所変更を求める内容証明郵便を送りましたが「今手続き中です」の回答のまま、今に至っています。
怪我のことはかすり傷なので病院には行っておりません。傷の写真を撮っただけです。
またえぐち様には、私が宇都宮の名誉を傷つけるような書き方をしたばっかりに嫌な思いをさせてしまって、申し訳ないと思っております。でもここに書いたことは全て真実です。写真も調停の資料も全部揃えてあります。5年前に相談した際の資料一式は市役所廃棄物対策課に保管されています。今月1日にも相談に行っていますのでその記録もあるはずです。明日の朝一で告訴もします。決して嘘偽りはありません。たとえ信じていただけなくても仕方のないことですが、私はこの現実を知ってしまった以上、母と伯母と、ご先祖様から譲り受けたこの土地と、私が育ってきた、これからも生活していくであろうこの宇都宮の環境を守る為に、今出来ることをやって行くつもりでおります。

総件数 23 件  page 1/3  1 2 3  次へ