一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

欧州委員会、2050年までの気候中立実現を目指し欧州グリーンディールを発表

環境行政 法令/条例/条約】 【掲載日】2020.01.07 【情報源】EU/2019.12.11 発表

 欧州委員会は、気候変動・環境の課題を公正かつ包摂的に好機に転換することで欧州経済を持続可能にするための新成長戦略「欧州グリーンディール」を発表し、環境に配慮した循環型経済への移行、気候変動対策、生物多様性の回復等への具体的行動の工程表を提示した。対象となるのは全経済部門、特に運輸、エネルギー、農業等の部門と鉄鋼、繊維、化学製品等の産業で、欧州を2050年までに世界初の気候中立(実質排出ゼロ)大陸とする政治的野心を法制化するため、100日以内に「欧州気候法」を提示するとした。また、2030年への生物多様性戦略、新産業戦略・循環型経済行動計画等も導入し、2030年までの排出量削減目標の引き上げには直ちに着手するとした。同戦略の目標達成には多額の投資(2030年までの気候・エネルギー目標達成に概算で2600億ユーロの年間追加投資)が必要なため、官民資金の動員、持続可能な欧州投資計画の提示等を行うとしている。また、化石燃料に大きく依存する加盟国・地域に対しては、公正な移行メカニズムにより支援するとした。【欧州委員会】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース