一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 銀イオン発生装置を規制対象に

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2007.10.03 【情報源】アメリカ/2007.09.21 発表

 EPAは、9月21日、殺菌の目的で、銀イオンなどのイオンを発生させる装置について、「殺虫剤殺菌剤および殺鼠剤法(FIFRA)」に基づく規制の対象とすることを公表した。
 同法は、害虫等を予防・駆除する物質について登録を義務付けている。ただし、ネズミとりのような、物理的・機械的な方法で害虫等を捕獲・駆除するような製品は、登録の必要はない。
 今回、連邦官報に掲載された通知はEPAの新しい方針を製造者に知らせるものである。EPAは、今後、登録申請書に盛り込むべき情報を示す予定だが、現在、規制の対象となっていない製品については、登録までの猶予期間が設けられる。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク