一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

EPA 有害廃棄物焼却炉の排出基準を改定

ごみ・リサイクル ごみ処理】 【掲載日】2008.04.04 【情報源】アメリカ/2008.03.26 発表

 EPAは、新規及び既存の有害廃棄物焼却炉に関する、国の有害大気汚染物質排出基準(NESHAP)を改正した。
 元の基準は2005年10月に公表されたものだが、今回の改正により、遵守やモニタリングに関する条項を改正・明確化した。これにより、遵守に関する不確実性が減り、最終的な要求事項への理解が改善されることが期待される。
 今後2週間以内に連邦官報に掲載され、改正条項は直ちに有効となる。【EPA】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク