一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

大気中のアスベスト濃度の測定技術指針を第4版に改訂

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2010.06.10 【情報源】環境省/2010.06.10 発表

 環境省は、平成22年6月10日 環境大気中のアスベスト濃度を測定する際の技術指針「アスベストモニタリングマニュアル」を第4版に改訂したと発表。
 このマニュアルは1985年3月に作成し、これまでに1993年2月と2007年5月の2回の改訂を行っていた。
 今回の改訂は、クリソタイル以外のものも含めたアスベストを使用している可能性のある建築物等の解体現場等が今後のアスベストの主要な発生源となること、建築物の解体等は工期が短時間で終了するものがあり、現行のマニュアルの方法では測定結果が出るまでに時間を要することを踏まえて、[1]一般環境と解体現場等におけるモニタリング方法の区別、[2]クリソタイルを主なターゲットとした現行の測定方法を見直し、一定レベル(総繊維数 1 f/L)を超えた濃度においてはアスベスト同定の実施、[3]解体現場等において迅速に測定ができる方法の紹介−−が盛りこまれた。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク