一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

国連持続可能な開発会議(リオ+20)成果文書 提案書を提出

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2011.11.02 【情報源】環境省/2011.10.31 発表

 環境省及び外務省は、平成23年10月31日、国際連合事務局に対し、2012年6月4日から6日までの3日間、ブラジルのリオデジャネイロにおいて開催される「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」に向け、成果文書への日本政府インプット(提案)を提出したと発表。
 リオ+20には各国から首脳レベルの出席が見込まれており、[1]持続可能な開発及び貧困根絶の文脈におけるグリーン経済、[2]持続可能な開発のための制度的枠組み、の2つのテーマに関する政治的文書が合意されることが期待されている。
 このインプットでは、グリーン経済への移行に向けての道程を提案しているほか、日本として深い知見を有する9つの主要セクターに関する提案を行っている。また、制度的枠組みに関しては、組織の改編ありきではなく、現在の問題点を明確にした上で対応策を検討するよう指摘している。【環境省】【外務省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク