一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成23年度 有害廃棄物の不法輸出入防止に関するアジアネットワークワークショップ 開催

ごみ・リサイクル ごみ処理】 【掲載日】2011.12.05 【情報源】環境省/2011.12.05 発表

 環境省は、2011年11月29〜12月1日の両日、中国・シンセンで、平成23年度「有害廃棄物の不法輸出入防止に関するアジアネットワークワークショップ」を開催したと発表。
 このワークショップには、アジアの10か国・バーゼル条約事務局、バーゼル条約地域事務所らが出席。
 有害廃棄物の不法輸出入防止に関する各国の取組状況の報告、バーゼル条約第10回締約国会合(COP10)の結果、有害廃棄物の環境上適正な管理、不法越境移動対策のためのネットワーク間の連携について議論を行った。
 このうち、有害廃棄物の環境上適正な管理(ESM)に関する議論では、アジア各国におけるESMの考え方や国内法における定義づけ、ESM施設の整備状況に関して意見交換を行った。さらにヨーロッパやカナダにおけるESMの最新動向、研究機関によるESM調査報告、民間企業におけるESMの実施状況について情報提供があり、アジア地域におけるESMの推進について議論を行った。アジア各国においては有害廃棄物等のESM処理施設が整備されつつあり、官民共同でこれらの施設に関する情報を共有し、地域全体で有害廃棄物のESMを実施する重要性が明らかになった。また、ESMガイドラインの策定に貢献していくことを確認した。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク