一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

業務用冷凍空調機器からの平成22年度フロン回収量等 公表

地球環境 オゾン層】 【掲載日】2011.12.13 【情報源】環境省/2011.12.13 発表

 環境省は、平成23年12月13日、フロン回収破壊法に基づき業務用冷凍空調機器から平成22年度に回収されたフロン類の量を公表した。
 フロン回収破壊法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン回収は14年4月から開始している。
 今回の発表は、フロン類回収業者が都道府県知事に報告した内容を環境省と経済産業省が集計したもの。
 平成22年度に業務用冷凍空調機器から回収されたフロン類は約3,895トン(約116万台)で、その内訳は、機器の廃棄時等においては約2,396トン(約91万台)、整備時においては約1,498トン(約26万台)であった。
 平成21年度と比較すると、回収台数は約0.8万台減少し、回収されたフロン類の量は約294トン増加した。
 このうち、廃棄時等回収についてみると、回収量及び回収台数は前年度と比べてそれぞれ約206トン増加(約9%増)及び約2万台減少(約3%減)したが、この要因として環境省は、ビル解体等大口の廃棄案件が増加(建築物の除却実績は前年度比9%減)等が影響したのではないかとの見解を示している。
 業務用冷凍空調機器に係るフロン類の回収は着実に実施されているが、廃棄時等のフロン類回収率でみると約3割と推定され、依然として低い水準で推移していることから、今後も経済産業省や都道府県等と連携して、フロン回収・破壊法の周知徹底と施行強化にさらに取り組んで行くとしている。【環境省】【経済産業省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク