一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

外来生物法の施行状況報告(案)まとまる 意見募集開始

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2012.09.19 【情報源】環境省/2012.09.18 発表

 環境省は、中央環境審議会野生生物部会外来生物対策小委員会において平成23年9月18日までに取りまとめられた、「外来生物法の施行状況等を踏まえた今後講ずべき必要な措置について」(案)について10月18日まで意見の募集を行う。
 今回の案では、以下の項目について、現状と課題を整理し、今後概ね1〜2年程度の短期的に講ずべき事項と、愛知目標の目標年である2020年に成果を報告することを視野に、今後概ね5年程度の中期的に講ずべき事項について報告している。
 [1] 特定外来生物の効果的な選定
 [2] 飼養等許可の適切な執行管理の推進
 [3] 輸入規制、水際対策、非意図的な導入対策の推進
 [4] 国による防除の推進及び地方公共団体等の防除に係る確認・認定の促進
 [5] 国内由来の外来種対策の推進
 [6] 生物の導入による遺伝的攪乱への対応
 [7] 各主体の協力と参画、普及啓発の推進
 [8] 調査研究の推進
 この他、東日本大震災によって生態系が攪乱された地域は、必要に応じて、外来種の侵入状況等について把握し、震災復興においては、各種事業が生物多様性に配慮して進められるように、外来種に係る情報提供等を行うことを検討するべきであるとしている。
 意見の提出方法等詳細に関しては、プレスリリースを参照のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク