一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁、「アメリカの子どもと環境第3版」報告書を発表

健康・化学物質 その他(健康・化学物質)】 【掲載日】2013.02.08 【情報源】アメリカ/2013.01.25 発表

 アメリカ環境保護庁は、子どもの健康に影響する環境中のストレス要因についての各種情報をまとめた「アメリカの子どもと環境第3版」を発表した。これは、
・環境と汚染物質(大気、水、食品、土壌等の環境の状態)
・バイオモニタリング(母親と子どもの体内で測定される化学物質)
・健康状態(子どもの疾病と健康への影響)
について、それぞれの現状と傾向を示したものである。
 この報告書によると、子どもの血中濃度や血中コチニン濃度(タバコの煙への曝露の指標)が大きく減少していること、家族に喫煙者がいる子どもや国の大気汚染基準を超過している地域に住む子どもの比率も減少していることなどがわかった。
 子どもは、成長過程にあることや、体の大きさに対する食事の摂取量や呼吸量の比率が大人より大きいこと等から、環境中の化学物質や生物といったストレス要因の影響を大人より受けやすい。この報告書では、23項目のトピック(有害大気汚染物質、飲料水汚染物質、食品中の化学物質、気候変動等)と、それを測る37の指標を用いて、環境と子どもの健康に関する情報をまとめている。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク