一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、2015年に世界で電気自動車の導入数は100万台を超えたと報告

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2016.06.23 【情報源】国際機関/2016.06.03 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は、世界の電気自動車(EV)の現状に関する最新の報告書(Global EV Outlook 2016)を公表した。これによると、2015年に世界のEV導入数が100万台を超えたという。EVの世界でのシェアはわずか0.1%ではあるが、ノルウェー(23%)やオランダ(10%)など7か国では1%を超え、中国では登録台数が3倍に増加したという。報告書では、ノルウェーとオランダにおける登録税の軽減や専用レーンの導入にみられるように、政策支援がEV増加の主な推進力になるとし、通行料や駐車利用料の免除、排ガス基準などさまざまな政策支援の仕組みを詳述している。また、充電設備などのEVインフラの増加(公共利用が可能な充電設備は71%増)や、コストの低下と性能の向上が進んだ(2008年比でバッテリーのコストは4分の1、バッテリーエネルギー密度は5倍)ことも要因として指摘した。気候変動大気汚染の抑制を目指し、持続可能な輸送の目標達成のためにもEVの普及は不可欠だとしている。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース