一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

清水港におけるヒアリの確認について

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2018.08.20 【情報源】環境省/2018.08.20 発表

 環境省は、国土交通省の協力のもと、特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)が生息する国と地域からの定期コンテナ航路を有する全国68港湾における調査を昨年に続き7月より順次実施している。

 そのうち、静岡県清水港での調査において、8月7日に設置したトラップで捕獲したアリ(2個体)について、専門家による同定の結果、8月20日にヒアリと確認されたと発表した。2個体は共に働きアリで、発見時にすでにどちらも死亡していた。

 ヒアリが捕獲された地点周辺には、静岡県によってトラップ及び殺虫餌(ベイト剤)を設置している。
 
【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース