一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

カナダ環境・気候変動省、スペリオル湖の水質改善プロジェクトへの助成を発表

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2020.08.26 【情報源】カナダ/2020.08.07 発表

 カナダ環境・気候変動省は、「五大湖保護イニシアティブ」を通じて、スペリオル湖沿岸のサンダーベイの2件の水質改善プロジェクトに対し、2年間で約17万5000ドルを助成すると発表した。同イニシアティブのために2017年予算で計上した4484万ドルからの拠出となる。選ばれたプロジェクトの1件は先住民族によるもので、スペリオル湖流域に位置する伝統的な居住地における水・土壌・堆積物のサンプリングと継続的な監視、絶滅危惧種の識別のための在来種の記録作成を行う。もう1件は地域の大学による河岸の生息地回復の取組みで、各種植物の植付け、巣箱やログパイルの設置、ポリネーター(花粉媒介生物)ガーデンの造成などによって10ヘクタールの生息地改善・創出をめざす。
 五大湖は世界の淡水の20%を占め、4000もの動植物種から成る多様性に富んだ生態系を持つ。また飲料水の貴重な供給源であり、周辺地域は世界第3位の経済の基盤ともなっている。カナダ政府は今後も地域社会との連携を重視し、地域住民主体の五大湖保護活動への支援を継続していくという。
【カナダ環境・気候変動省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース