一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

新潟県阿賀野市の死亡野鳥が高病原性鳥インフルエンザウイルス確定検査で陽性(野鳥国内53例目)

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2021.02.24 【情報源】環境省/2021.02.22 発表

 環境省は、新潟県阿賀野市で、遺伝子検査で陽性となったオオハクチョウ1羽の死亡個体について確定検査を実施したところ、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出されたとの報告があったと発表した。

 遺伝子検査で陽性となった時点で、回収地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化しているが、新潟県と調整の上、野鳥監視重点区域内における野鳥でのウイルスの感染範囲の状況把握、感染源の推定や更なる感染拡大を防止するための基礎情報を得ることを目的とした緊急調査(鳥類調査、死亡野鳥調査等)を実施する予定。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース