一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

資源エネルギー庁、省エネ法定期報告書(2019年度実績)に基づく省エネ優良事業者を決定

環境行政 その他(環境行政)】 【掲載日】2021.04.19 【情報源】企業/2021.04.09 発表

 資源エネルギー庁は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)の特定事業者等における2019年度実績(2020年度提出)のエネルギー使用状況等に基づく省エネ優良事業者(Sクラス事業者)をホームページで公開した。
 省エネ法では、事業者全体のエネルギー使用量(原油換算)が合計して1,500kl/年以上である事業者を特定事業者等として指定し、毎年度エネルギーの使用状況等の報告を求めている。
 また、特定事業者等は定期報告書に基づき、省エネの結果に応じてS(優良事業者)・A(一般事業者)・B(停滞事業者)へのクラス分けが行われ、Sクラス事業者については資源エネルギー庁のホームページ上で公表される。
【資源エネルギー庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク