一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

国際エネルギー機関、2021年の石炭火力発電量は過去最高の見通しと発表

エネルギー その他(エネルギー)】 【掲載日】2022.01.12 【情報源】国際機関/2021.12.17 発表

 国際エネルギー機関(IEA)は石炭に関する年次市場報告「石炭2021」で、2021年の世界の石炭火力発電量は増加に転じ、過去最高(前年比9%増の1万350テラワット時)になる見通しと発表した。その背景には、コロナ危機からの経済復興による電力需要拡大、天然ガスの価格高騰などがあるという。
 国別では、世界の石炭火力発電の半分以上を占める中国で9%増加、インドで12%増加し、ともに太陽光・風力発電の導入拡大にも関わらず石炭火力発電量が過去最高となる見込み。アメリカとEUでは約20%増加するが2019年の水準には達しない。また、全体の石炭需要(セメント・鉄鋼生産での使用を含む)は6%増の見込みで、2013年、2014年の水準には及ばないものの、天候や経済成長によっては2022年に過去最高を更新し、その後2年は同水準が続く可能性があるという。
 ビロルIEA事務局長は、「世界が炭素中立への軌道から大きく外れていることを示す気がかりな兆候」とし、各国に強力かつ迅速な対策を促した。
国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース