一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

野生クマタカから、H5N1亜型の鳥インフルエンザウイルス検出

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2007.03.19 【情報源】環境省/2007.03.18 発表

 熊本県相良村で衰弱死したクマタカ(メス成鳥)について、環境省が検査を進めた結果、このクマタカから、H5N1亜型(注1)の鳥インフルエンザウイルスが分離されたことが、平成19年3月18日にあきらかになった。
 このクマタカは、19年1月4日に衰弱した状態でみつかり、外傷がないにも関わらず、保護直後に衰弱死した。
 環境省九州地方環境事務所は当初、鉛中毒の疑いがあるとして、猛禽類鉛中毒調査を行っている同省釧路湿原野生生物保護センターに個体を送付し検査を進めたが、同保護センターで鉛中毒に関する検査と併せて、簡易キットによる鳥インフルエンザの病理検査を実施したところ、鉛中毒かどうかは不明だが、鳥インフルエンザウイルスは陽性であるとの結果が、19年2月10日までに得られた。
 このため環境省は、鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターに改めてウイルスの型と毒性等を調べる検査を依頼。同研究センターから19年3月18日に、「H5N1亜型の鳥インフルエンザウイルスが分離された」という報告が寄せられたもの。
 なお環境省はこの結果を受け、同研究センターに引き続き依頼し、ウイルスの毒性に関する病性鑑定、ウイルスの遺伝子分析による感染経路解明を進めるほか、このクマタカが発見された地域周辺でも、野鳥のウイルス保有状況調査を進める方針を固めた。
 クマタカは、日本のレッドデータブックのカテゴリー「EN(絶滅危惧1B類)」に位置付けられているほか、「種の保存法」に基づく「国内希少野生動植物種」にも指定されている。【環境省】

(注1)鳥インフルエンザウイルスはたんぱく質の違いからA・B・C型の3つに分類され、A型ウイルスはさらにウイルスの表面に存在する突起上のH(赤血球凝集素)とN(ノイラミニダーゼ)に対する抗体の型で分類されている。HではH1〜15の15型、NではN1〜9の9型が知られている

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク