一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

世界最高性能を達成 多様なVOCをリアルタイムで測定できるオンライン質量分析計を開発

大気環境 大気汚染】 【掲載日】2006.02.21 【情報源】国立環境研究所/2006.02.20 発表

 国立環境研究所の谷本浩志主任研究員、猪俣敏主任研究員、青木伸行博士研究員は、北海道大学の廣川淳助教授のグループとの共同研究により、大気中に多種多様な形態で存在する揮発性有機化合物(VOC)をリアルタイムで測定できる装置を新たに開発した。
 VOCは工場や事業所などで塗料や溶剤として幅広く利用されているが、いったん大気中に放出されると、大気汚染物質である光化学オキシダント(Ox)や浮遊粒子状物質(SPM)の生成に密接に関わるため、その排出状況や動態の詳細な把握が望まれている。
 今回開発されたのは、アルデヒド、アルコール、ベンゼンなど多様な形で存在するVOCを同時に、リアルタイムで測定できるオンライン質量分析計。プロトン移動反応イオン化−飛行時間型質量分析法を利用し、1分間隔で1ppbv(体積比で10億分の1)の濃度のVOCを20種類以上同時に測定することが可能で、この原理に基づく装置としては世界最高性能を達成した。
 どの発生源から何の排出をどの程度削減すれば大気質を改善できるか、といった排出抑制策への提案にも貢献でき、各VOCの種類や性質、Ox・SPM生成能を考慮したきめ細やかな大気汚染防止戦略への活用が期待される。
 この研究は環境省の「環境技術開発等推進費」の研究課題「新規質量分析法を用いた揮発性・半揮発性有機化合物の実時間測定手法の開発」(研究代表者:谷本浩志)として実施されたもの。研究成果は、学術専門誌「Rapid Communications in Mass Spectrometry (質量分析法速報誌)」 (John Wiley & Sons, Ltd.) ウェブ版にも06年2月15日付けで掲載された。【国立環境研究所】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク