一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

アスベストによる健康被害救済法案大綱を決定 関係閣僚会議

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2005.11.30 【情報源】首相官邸/2005.11.29 発表

 2005年11月29日、第4回アスベスト石綿)問題に関する関係閣僚による会合が首相官邸で開催され、この会合で「石綿による健康被害の救済に関する法律(仮称)案大綱」が決定された。
 この法案は、労働者を雇用する事業主と船舶所有者から徴収した費用と、政府や自治体の拠出金から構成される「石綿健康被害救済基金」を新設し、アスベスト健康被害への救済金に充てるとしている。
 アスベストによる健康被害が認定された患者や遺族に対しては、独立行政法人環境再生保全機構を通じ、この基金から(1)医療費、(2)療養手当、(3)葬祭料、(4)特別遺族弔慰金−−が支払われるとされている。【首相官邸】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク