一般財団法人環境イノベーション情報機構

EICネット ヘルプ

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

平成21年度ソーラー環境価値買取事業 公募結果公表 2次公募も開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2009.07.15 【情報源】環境省/2009.07.14 発表

 環境省は、平成21年度ソーラー環境価値買取事業で、平成21年5月26日から6月30日まで行った1次公募の結果を公表するとともに、平成21年7月14日から8月28日まで、2次公募を行うと発表した。
 ソーラー環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するもの。
 1次公募の結果、太陽光発電設置者12件の合計設備容量800kW分が採択された。
 2次公募の応募の詳細は、環境省Webサイト(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html)を参照のこと。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク