一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

富士通、イスラエルのAutofleetと資本業務提携、環境問題など社会課題解決に向けたサステナブルな物流ソリューションの開発を加速

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2021.11.29 【情報源】企業/2021.10.28 発表

 富士通株式会社と、AIによる予測・最適化技術を用いた物流車両などの高精度な配車マッチングプラットフォームを有するAutofleet, Ltd.は、物流産業の労働力不足や環境問題などの社会課題解決に向けたサステナブルな物流ソリューションの開発を目的とした、グローバルな戦略的提携を行うことで合意した。また、富士通は、この提携を加速するため、子会社の富士通ベンチャーズ株式会社が運用するファンドを通じて、Autofleet社へ出資を行った。
 今後、富士通とAutofleet社は本提携に基づき、Autofleet社の動的な配車マッチングプラットフォームと、富士通のシステム開発のノウハウや物流業務の知見を融合することで、こうした社会課題の解決に向けたサステナブルな物流ソリューションを開発し、グローバルに展開する。具体的なユースケースとしては、物流需要の変動が大きい宅配を始めとしたラストワンマイル輸送における動的な配車、緊急時の輸送に対応する求貨求車のマッチング、公共交通などと連携した貨客混載、脱炭素化に向けて物流産業でも導入が進む電気自動車の充電ポイントを考慮したルート最適化などを想定している。このような物流産業の社会課題解決に向けたソリューションの提供を通じて、より豊かで暮らしやすい社会の実現を目指す。
【富士通株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク