一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[海外]

カナダ ビスフェノールAを含む哺乳瓶を規制へ

健康・化学物質 有害物質/PRTR】 【掲載日】2008.12.11 【情報源】カナダ/2008.10.17 発表

 カナダ政府は、ビスフェノールA(BPA)を含んだポリカーボネート製の哺乳瓶の輸入・販売・広告を禁止する規則案の策定を直ちに進める方針を発表した。環境中に排出されるBPAの量を制限する対策も講じる予定である。クレメント保健大臣は、カナダがこの問題で法的な規制措置を講じる、世界で最初の国になるとコメントしている。
 ただし、BPAの評価では、一般市民が心配する必要は無いとされ、まずは、新生児と18ヶ月未満の乳幼児への影響に着目している。
 新生児や乳幼児の最大の曝露源はポリカーボネート製の哺乳瓶であり、熱湯を入れるなど高温で、瓶からBPAが移行した場合だという。評価では、新生児や乳幼児によるBPAへの曝露は、影響が生じるようなレベルではないとされたが、低用量のBPAによる影響の可能性に関する研究もいくつかあることから、カナダ政府としては、新生児・乳幼児の対策を強化することとした。
 なお、カナダ環境省の科学者によると、BPAは、排水、埋立処分場の漏出水等を通じて環境中に排出されている。酸素が不足した状況では分解に時間がかかること、また、全国で広く使用されていることから、BPAが水中に蓄積し、魚類その他の生物に被害をもたらす可能性も考えられる。カナダ政府は、今後3年間で170万カナダドルをBPAの研究事業に充てるとしている。【カナダ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ