EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ食品医薬品局 ビスフェノールAに関する公聴会を...
次の記事へ
 件数:10561件
 新着順に表示
 4589-4596件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2008.09.16  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 環境ホルモン
アメリカ食品医薬品局 ビスフェノールAに関する公聴会を開催
 アメリカ食品医薬品局(FDA)は、9月16日、科学委員会ビスフェノールA小委員会の公聴会を開催し、食品に接触する用途に使用されるビスフェノールA(BPA)の安全性に関する評価案について議論を行った。
 BPAは、エポキシ樹脂をコーティングに利用した缶詰容器やポリカーボネート樹脂製の哺乳ビンなどに含まれている。
 議論の土台となるFDAの評価案は8月15日に公表されたもので、特に、国家毒性プログラムやその専門委員会等がBPA評価で示した、発達への影響に関する懸念に焦点が当てられている。FDAは、食品用の容器から摂取するBPAの量を乳幼児は2.42マイクログラム/kg体重/日、大人は0.185マイクログラム/kg体重/日と推計し、ラットやマウスについて数世代にわたる研究成果から得た無毒性量(5ミリグラム/kg体重/日)と比較、乳幼児については2000倍、大人については2万7000倍の安全域があるとした。
 また、前立腺や神経・行動の発達面への影響に関するデータをレビューしたところ、この無毒性量を変更するに足る根拠は得られなかったとしている。評価案は、食品用容器からの曝露が現在のレベルであれば、十分な安全域があると結論付けている。【アメリカ食品医薬品局(FDA)】
記事に含まれる環境用語 |
ビスフェノールA
プレスリリース |
http://www.fda.gov/oc/advisory/accalendar/2008/SciBrdSub91608.htm
関連情報 |
関連リンク
FDA「食品に接触する用途に使用されるビスフェノールA(BPA)に関する評価案」(PDF形式)

ページトップへ