一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

猿払村及び浜頓別町における風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見提出

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2014.04.18 【情報源】環境省/2014.04.18 発表

 環境省は、平成26年4月18日、北海道で計画されている「猿払村及び浜頓別町における風力発電事業に係る計画段階環境配慮書」(エコ・パワー株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。
 この事業は、エコ・パワー株式会社が、北海道猿払村及び浜頓別町において、最大で総出力250,000kWの風力発電設備を設置するものである。
 環境大臣意見では、5箇所の事業実施候補区域のうち、渡り鳥の飛行経路の下になっている区域、猛禽類の生息環境(繁殖地、生息地、餌場等)になっている区域については、調査予測の結果、重大な環境影響が生じる場合には、事業実施候補区域の選定から除外する等、計画の見直しをすることを求めている。また、その他の区域についても、動植物類、景観、重要な地形等への影響を把握し、重大な環境影響がある地点を避けること等を求めている。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ