一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

東芝、北海道の風力発電所の建て替え向けに自社ブランド風車を納入、運転開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2016.01.08 【情報源】企業/2015.12.28 発表

 東芝は、風力発電所「ユーラス苫前ウインドファーム」の既設11号機の建て替え向けに、自社ブランドの風車を初めて納入した。同発電所は、風力発電会社のユーラスエナジーホールディングスのグループが北海道苫前町に保有する。使用前の自主検査を終えて12月に営業運転を始めた。東芝の出力2000kWの新型モデル「U88E」を導入した。
 ユーラスエナジーは豊田通商が60%、東京電力が40%出資する日本最大の風力発電会社で、操業している風力発電所容量は世界で累計2320MW(232万kW)に上る。ユーラス苫前ウインドファームは事業会社のユーラスエナジー苫前が運営し、1999年11月に運転を始めた。20MW(2万kW)の規模があり、今回11号機を建て替えた。
 建て替え工事で東芝は、場所の条件に合わせてタワーを最適に設計した。加えて、汎用(はんよう)性の高いつり上げクレーンを採用するため、通常は工場でナセル(機器を据え付ける入れ物)内に組み立てる発電機や増速機を別輸送・現地据え付けにした。ナセル本体を下ろすことなく交換可能になり、保守も効率化する。
 今後、風力発電所設備では、更新需要の増加が見込まれる。東芝グループは信頼性の高い機器を使った最適な設計で発電所全体の高効率化を提案して受注活動を進め、風力発電事業の拡大を図る。東芝は2011年に韓国の風力発電機器メーカー、ユニスンと資本提携して風車機器製造に参入し、日本の気象に合った風車を開発している。【(株)東芝】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ