一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「エコプロ2019」へ環境省ブースを出展

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2019.12.04 【情報源】環境省/2019.12.03 発表

 環境省は、「エコプロ2019」にブースを展開し、地球温暖化対策のための「COOL CHOICE」、次世代半導体「窒化ガリウム(GaN)」の開発と実用化に向けた取組、植物由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」活用の取組、再エネを活用した水素サプライチェーンの取組、様々な温暖化対策技術の実用化に向けた開発・実証の取組、CO2を回収・有効利用・貯留(CCUS)する技術開発の取組、浮体式洋上風の普及に向けた取組、「気候変動×防災」のまちづくり、建築物のZEBネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化推進に向けた取組、J-クレジット制度、海洋プラスチックごみ問題解決のための「プラスチック・スマート」の取組について各ブースで紹介する。

 また、日中韓三カ国による環境産業・技術共同展示を日本で初めて開催し、三カ国の企業が有する環境技術を紹介する。

 日時:12月5日(木)〜7日(土)10:00〜17:00
 場所:東京ビッグサイト [西1〜4ホール](東京都江東区)
 主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
 ※入場無料

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース