一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ノルウェー、2030年までの排出削減目標をこれまでの1990年比40%から50〜55%へ引き上げ

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.02.26 【情報源】ノルウェー/2020.02.07 発表

 ノルウェーは、パリ協定の国別約束(NDC)を更新し、温室効果ガス排出を2030年までに1990年比で最低でも50%削減し、55%削減を目指すと発表した。2015年に提出した国別約束草案(INDC)では2030年までに40%削減するという目標を設定していた。40%削減目標は既にノルウェー気候変動法で法制化されており、同国は2050年までに低排出社会へ移行することを目指している。また、40%削減目標については既にEU及びアイスランドと協定を交わしており、今回発表した50〜55%削減目標でもEUと連携できることを期待するとしている。欧州委員会は、欧州グリーンディールにおいてEUの削減目標を50〜55%に引き上げる計画を提出する予定だと発表している。EUが削減目標を引き上げなかった場合、議会の合意が得られれば、ノルウェーは追加削減分についてパリ協定第6条に基づく自主的な協力メカニズムを活用する意向だという。【ノルウェー気候・環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク