一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

令和元年度瀬戸内海における各種調査の結果を公表

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2020.08.28 【情報源】環境省/2020.08.27 発表

 環境省は、瀬戸内海における環境の保全を図るため、沿岸11府県と連携し、自然海浜保全地区の指定状況、埋立状況、海砂利採取状況等について調査を定期的に実施している。
 令和元年度に実施した調査結果を取りまとめ、公表した。
 
 自然海浜保全地区の指定状況等調査では、91地区が指定されており、新たな指定あるいは廃止はなかった。また、保全地区内での工作物の新築等の行為の届出は0件であった。
 
 埋立て状況調査では、埋立免許・承認面積は合計5.4haであった。未利用地は合計171.4haであった。
 海砂利採取状況調査では、採取実績量は合計1万3千立方メートル、採取認可量は4万立方メートルで、採取の目的は河口閉塞対策であった。
 

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース