一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

イオン、地域の森の再生を目指して 第1回「君津イオンの森づくり」を実施 300名の参加者と1,800本を植樹

自然環境 身近な自然の保全】 【掲載日】2021.05.19 【情報源】企業/2021.04.22 発表

 公益財団法人イオン環境財団は、4月17日(土)に第1回「君津イオンの森づくり」を実施。
 同財団は、森林の再生を目指し、2020年12月に林野庁の「モデルプロジェクトの森における森づくり活動」について、林野庁関東森林管理局と協定ならびに君津市と覚書を締結した。
 この協定に基づき、「君津イオンの森づくり」を推進し、計6,000本の植樹を実施するとともに植樹地の整備を行う予定であり、今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のうえ、300名のボランティアの皆さまとともに植樹を実施しヒメコマツや君津市の花であるミツバツツジをはじめ、千葉県に自生する17樹種1,800本を、2回に分け植樹した。
 今後は、君津市の子どもたちや地域ボランティア、NPO・NGO等の多様なステークホルダーと連携し、植樹の他にも下刈りや苗畑づくりなどの体験を通じ、環境教育の機会を創出する。
 また、リモートセンシングの技術を活用した植樹後の森の状況を把握するための調査も含め、様々な環境活動を予定している。
【公益財団法人イオン環境財団】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース