一般財団法人環境イノベーション情報機構

メールマガジン配信中

環境ニュース[国内]

住民参加型による気候変動情報収集・分析事業を実施

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2021.08.23 【情報源】環境省/2021.08.20 発表

 環境省は、地域の影響に応じたきめ細やかな適応策を実施することを念頭に、地域の気候変動影響を把握することを目的として、住民参加による気候変動情報収集・分析事業を行う。
 令和3年度は、茨城県、栃木県、埼玉県、富山県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、京都府/京都市、大阪府、香川県、愛媛県、那須塩原市に委託し、実施する。
 この事業は、気候変動適応法に基づき設置される地域気候変動適応センターが主体となって、ワークショップやホームページ、ヒアリング、アンケート等を通じた住民参加型の情報収集を行うとともに、収集した情報について分析等を実施することで、地域の気候変動影響を把握するもの。
 得られた結果については、シンポジウム、ワークショップ等の開催、リーフレットの作成、ホームページへの掲載などを通じ、地域の気候変動影響の理解を深めることとしている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース